2021.06.07

キャノーラ油は安全なのか?

こんにちは。本日はキャノーラ油についてご紹介させて頂きます。

皆さんご家庭で油を使う際、どの油を使っていますか。

サラダ油やオリーブオイル、ごま油、亜麻仁油など油にも多くの種類があります。

油は栄養素でいうと脂質にあたります。この脂質にも種類が分けられますので、どの油を摂取するかによって摂れる脂質が変わってきます。脂質の種類別に身体に対する働きも変わりますので、良い影響があったり、悪い影響があったりと様々です。そのため、使用する油の知識を持っておくと安心して摂取出来るのではないでしょうか。

今回はよく使用されるキャノーラ油について少し細かくお伝えします。

<脂肪組成>

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の比率を表せており、更に細かく飽和脂肪酸の種類が何%なのかなど1つの油の中にどういった配合で構成されているのかを表すのが脂肪組成です。

キャノーラ油の脂肪組成はオリーブオイルとほぼ一緒の組成をしています。

キャノーラ油はオメガ9に含まれるオレイン酸を多く含んでいます。またビタミンEも含まれています。

キャノーラ油の原料はキャノーラです。このキャノーラは菜種油に使われるアブラナを改良したもので、菜種油に含まれるエルカ酸とグルコシノレートを取り除いたのがキャノーラです。

このエルカ酸とグルコシノレートは体にあまり良くないと言われています。エルカ酸は心疾患の原因になるんではないかとWHOが警告していたり、グルコシノレートは甲状腺異常があるのではないかと指摘されています。

カナダがこの2つの成分を減らしてキャノーラを改発したという背景があります。

<身体への影響>

キャノーラ油は酸化に強く加熱調理向きなのではないかと言われたり、菜種油は元々ランプなど食用とは違う使われ方をしていた背景があります。

しかし、キャノーラ油は大豆油や魚油、ラードと比較した際、脳卒中のラットの寿命を短縮、腎障害、巨核球減少、血小板減少したという論文があります。結果脳出血に繋がることも分かっています。

また、親ラットにキャノーラ油を摂取させると子供ラットの寿命の短縮が見られたという研究もあったり、キャノーラ油の摂取群は大豆油、紅花油、コーン油と比べて異常行動が多いとの報告もあります。

日本毒性学会によるとキャノーラ油は精巣に毒性を示しテストステロン濃度を低下させるという報告もあります。

認知症とも関係しているというラットの実験で言われています。

キャノーラ油のどの成分が悪影響を及ぼしているかはまだ判明されていませんが、ラットを使った実験ではこういった悪影響があります。人間ではキャノーラ油だけ摂取させて研究することは実際難しいため、こういった研究論文を読んで知っておくことは大切です。体に良いものを摂って楽しい人生を歩んでいきましょう。